写真や映像などの分野の専門学校で就職を目指す

写真、映像を学べる専門学校で夢を叶えたい

専門学校とは

専門学校とは

高等学校を卒業時に選ぶことができる進学には研究を目的とする大学と就職を目的とした専門学校の2種類があります。
専門学校の場合は大学とは異なりネイルアーティストや写真、映像等の職種に直接関わった授業を受ける事によって資格を取り就職を有利にする為に通う学校です。
写真や映像などのメディア関連の専門学校は人気が高いと言われています。
学校教育法132条によれば修業年数が2年以上あり、文科省の定める基準を満たした学校を卒業した場合には大学に編入することも可能です。

メディア関連の専門学校

メディア系の学校では写真、映像等の様々なことが学べます。ここでは写真や映像のイロハからじっくり学ぶ事ができます。
大学と違い短期間で専門の勉強をし、インターシップ等で経験を積んでそのままインターシップ先で就職が決まったりするので就職に対してのフォローがしっかりあるのが専門学校の特徴です。
写真関係の主な卒業後の就職先としては広告写真のカメラマンなどがあり、国家資格である肖像写真技能士を取ることも可能です。
映像関連の学校ではディレクターやプロデュ-サー、カメラマンなどTV局などでの就職や映画業界での就職が可能です。

OUT LINK

インテリアを学びたいなら|専門学校桑沢デザイン研究所
オープンキャンパスはここが人気|さんぽう進学ネット
映像の専門学校でプロを目指しませんか?|バンタンデザイン研究所